【まとめ】三浦龍司の出身中学はどこ?島根から洛南高校、順天堂大へ!

芸能

順天堂大学の三浦龍司さんは京都洛南高校出身。

三浦龍司さんは、2020年の箱根駅伝予選会で日本人トップの記録を打ち立てるなど陸上界でスーパールーキーとの呼び声が高まっています。

洛南高校に進学する前の三浦龍司さんは地元・島根県で中学校に通っていました。

そこで今日は三浦龍司さんの出身中学や小学校、出身校での記録をご紹介します!

三浦龍司の出身校&記録まとめ

島根県浜田市出身の三浦龍司さんの出身校がこちら。

  • 浜田市立国府小学校
  • 浜田市立浜田東中学校
  • 京都私立洛南高校
  • 順天堂大学

三浦龍司さんの学生時代の成績は洛南高校以外でもやはりスゴイものでした。

浜田市立国府小学校:「浜田JAS」で陸上競技をスタート

  • 名前:三浦龍司(みうらりゅうじ)
  • 順天堂大学1年生(2020年10月時点)
  • 身長165㎝(高校生時)
  • 体重:52㎏(高校生時)
  • 出身:島根県浜田市
  • 好きな言葉:なるようになる

『月陸オンライン』によると、三浦龍司さんは小学生の時から島根県浜田市のクラブチーム「浜田JAS」で陸上をやっていたんだそう。

スタート時から長距離(1000m)が専門だったそうですが、クラブチームの方針で80mハードルなどもトレーニングしていたんだとか。

三浦龍司さんが地元の国府小学校に通っていた頃から陸上界のスーパースターの片鱗が見られていたようですね。

浜田市立浜田東中学校:トップレベルでも全国大会出場経験なし

三浦龍司さんは地元・島根県浜田市の浜田東中学校に進学します。

やはり中学生時代から上位の記録を出していましたが、全国大会には出場できませんでした。

2015年10月ジュニアオリンピック1500m予選(3組)4分18秒9111位
2016年1月全国都道府県男子駅伝3.0km9分6秒20位
2016年8月第43回全日本中学校陸上競技選手権3000m(1組)9分0秒328位
2016年8月第43回全日本中学校陸上競技選手権1500m(4組)4分9秒216位
2016年10月ジュニアオリンピック3000m予選(1組)8分56秒228位
2017年1月全国都道府県男子駅伝3.0km(2区)9分4秒34位

中学校時代からトップレベルの記録を出していた三浦龍司さんでしたが、全国に行くには周りのレベルが更に高かったのかもしれません。

浜田東中学校時代は障害競走での大会出場はしていなかったようですね。

京都洛南高校:新記録を連発

三浦龍司さんは元々長距離が専門でしたが、通っていたクラブチームの上ヶ迫定夫コーチに3000m障害競走を猛プッシュされたんだそう。

なので三浦龍司さんは洛南高校に入学してから長距離とともに障害競走(SC)にも積極的に挑戦していくように

そして三浦龍司さんは洛南高校時代にたくさんの素晴らしい記録を次々と樹立していきます。

洛南高校1年生

2017年6月インターハイ京都大会3000m障害競走決勝9分20秒635位
2017年9月近畿高校ユース3000m障害競走9分10秒78大会新&高1歴代2位
2017年9月京産台記録会5000m14分31秒148組5位
2017年12月全国高校駅伝8.1km(4区)24分25秒27位
2018年1月全国都道府県男子駅伝8.5km(5区)26秒3229位

2017年6月におこなわれたインターハイ京都大会では5位だったものの、高校1年生の中では1位という大記録でした。

更に近畿高校ユースでは大会新記録と高校1年生の歴代2位の記録を樹立!

洛南高校1年生の頃から三浦龍司さんは実力を発揮しまくっていますね。

洛南高校2年生

2018年4月織田記念5000m決勝14分25秒92(2区)4位
2018年6月インターハイ京都大会3000m障害競走8分52秒271位&高校新記録
2018年8月インターハイ全国大会3000m障害競走失格(選手妨害)
2018年9月近畿ユース大会3000m障害競走8分46秒562位&U18日本新記録
2018年10月福井国体 5000m14分4秒503位
2018年10月京都府高校駅伝10km(1区)29分20秒区間賞
2018年11月近畿高校駅伝5.0km(6区)14分0区間賞
2018年12月全国高校駅伝10km(1区)29分52秒21位
2019年1月全国都道府県男子駅伝7km(1区)20分38秒5位

三浦龍司さんは洛南高校2年生でも上位の成績を収めていて、新記録もまたまた樹立しています!

  • インターハイ京都大会:高校新記録
  • 近畿ユース大会:U18日本新記録

短い期間で次々と新記録を打ち立てていく三浦龍司さんに驚きですね。

洛南高校3年生

2019年4月インターハイ近畿大会3000m障害競走8分39秒491位&U18日本新など
2019年4月日本選手権3000m障害競走予選8分39秒375位&U18日本新記録
2019年4月日本選手権3000m障害競走決勝8分40秒305位
2019年8月インターハイ1500m決勝3分48秒006位
2019年8月インターハイ3000m障害競走予選8分57秒401位
2019年8月インターハイ3000m障害競走決勝9分12秒422位
2019年10月茨城国体5000m決勝14分06秒147位
2019年10月大阪長距離記録会3000m8分10秒571位&京都高校記録
2019年12月日体大記録会5000m(43組)13分51秒971位&世代トップ
2019年12月全国高校駅伝10km(1区)29分52秒21位
2020年1月全国都道府県男子駅伝8.5km(5区)24分37秒11位
2020年2月U20日本選手権クロスカントリー8km24分26秒8位

三浦龍司さんはインターハイ近畿大会では、U18日本新記録、日本高校新記録、大会新記録と3つの新記録を出しています!

更に、2019年4月の日本選手権では三浦龍司さん自身の日本新記録を塗り替えての新たな記録でした。

3年生になった三浦龍司さんはエースとして陸上部を走りとトレーニングの姿でチームを引っ張っていく存在だったんだとか。

洛南高校3年生では1位を取ることも多く、トップレベルの選手として注目されていたのでしょうね。

順天堂大学:大学生初大会でいきなりU20日本記録

2020年4月から駅伝の名門校・順天堂大学に進学した三浦龍司さん。

順天堂大学での初大会は2020年7月18日ホクレン・ディスタンスチャレンジ千歳大会。

その初レースで三浦龍司さんは男子3000m障害で日本歴代2位、学生歴代最高の8分19秒37を打ち立てます。

U20日本新記録と日本学生記録を大学1年生でいきなり塗り替えてしまったんです!

三浦龍司さんが順天堂大学に進学しようと決めたのは、箱根駅伝に4年連続で出場した塩尻和也さんの存在が大きな決め手になったようです。

進学先を決めた理由は同大学卒業生である塩尻和也(富士通)の存在だ。「順大のトラックを使って一緒に練習することもあると聞いたので、そんな環境に刺激をもらえたらと思ってます」と目を輝かせた。

大学スポーツ

塩尻和也さんの背中を追いかけて順天堂大学に進学した三浦龍司さんですが、2020年10月17日の箱根駅伝予選会の三浦さんの走りが”ポスト塩尻和也”だとも言われています。

憧れの先輩と肩を並べていける存在の三浦龍司さん。

順天堂大学でも新記録を次々樹立し、活躍すること間違いなしですね!

三浦龍司の今後の進路は?

順天堂大1年の時に出場したホクレン・ディスタンスチャレンジ千歳大会で日本歴代2位を記録した三浦龍司さんは、その後に「東京オリンピックを目指したい」と語っていました。

日本でもトップレベルの記録を出し続けている三浦龍司さんなので、本当に順天堂大在学中にオリンピックに出場するかもしれませんね!

順天堂大卒業後もプロの陸上選手になり、長距離や障害で活躍していくのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました