【キングダム作者】原泰久と嫁の離婚理由は?子供3人の仲良し夫婦だった!

芸能

『週刊ヤングジャンプ』の大人気漫画「キングダム」の作者・原泰久さん(45)が離婚していたことが判明!

2016年時点では、まだ既婚者だったようですが、何故離婚してしまったのでしょうか。

子供も3人いて親ばかっぷりを発揮していただけに、離婚したことが不思議ですね…。

この記事では、原泰久さんと嫁の離婚理由や、2人の間の子供についてなどをまとめていきたいと思います!

【キングダム作者】原泰久と元嫁の離婚理由は?

2020年7月31日に原泰久さんとタレントの小島瑠璃子さんの熱愛が報じられ、同時に、原さんが現在独身だということが判明しました!

「今は原さんは独身で、最近になって小島さんが猛アタックして、交際に発展したようです。彼女が仕事がオフの日に福岡を訪れ、デートしているみたいです」

yahooニュース

しかし、原さんと元奥さんの離婚理由はまだ明かされていません。

原さんはTwitterで奥さんとのデートのこともつぶやいたりと、かなり仲睦まじい夫婦のような印象を受けていました。

上のツイートがされた2012年9月には、すでに子供がいますが、子供を預けて(?)2人きりでデートなんてラブラブですよね!

更に2016年の情熱大陸放送時には、原さんに妻と3人の子供がいることが紹介されています。

ツイートを見る感じでは、結婚後もデートをするなど仲良し夫婦といった感じですが、2016年~2020年の間で離婚してしまったようですね。

報道によると小島瑠璃子さんとは、2019年に『世界ふしぎ発見!』で初対面し、最近=2020年に交際スタートしたようですが、離婚して26歳の女性と交際をスタートさせるとは….!

  • 2012年:原泰久が嫁とのデートをツイート
  • 2016年:「情熱大陸」で原泰久の嫁と子供が紹介される
  • 2019年:「世界ふしぎ発見!」で原泰久と小島瑠璃子が初対面
  • 2020年?:交際スタート

元奥さんとの離婚後に、小島さんと原さんが初対面したんでしょうか。

奥さんと原さん、小島さんの三角関係になっていることだけは避けてほしい…!

原泰久の元嫁の顔画像が判明?

原泰久さんの元奥さんの顔画像を探しましたが、完全に一般人のため、名前も顔も判明しませんでした。

「いきものがかり」のライブにデートするというので、音楽の趣味が合う人のようですね。

熱愛報道が出た小島さんとは20歳ほども離れていますが、離婚した奥さんとは同年代だったのかな?

原泰久の元嫁の出身は福岡県久留米市!

奥さんの顔画像や年齢などは分かってませんが、出身地は原さん自身のツイートから福岡県久留米市だということは判明!

2人共福岡県出身なんですね!

原さんは漫画家になる前、200年4月から2003年まで「富士通九州システムエンジニアリング」でシステムエンジニアとしてサラリーマン生活だったんだそう!

もしかしたら、奥さんとはサラリーマン時代に出会ったのかもしれませんね。

もしくは原さんは九州芸術工科大学出身ですので、学生結婚だった可能性もあるかも?

原泰久と元嫁の子供は2男1女の3人!

原泰久さんと元奥さんの間には子供が3人います!

年齢は公表されていませんが、原さんのツイートから推測してみましょう!

上のツイートから、次男が2013年9月4日生まれだということが分かりますね。

そして、2011年12月時点で、長男が4歳、長女が2歳ということに!

原さんの子供に関する3つのツイートから推測すると、2020年時点の子供たちの年齢は以下のようになります!

  • 長男:12歳前後
  • 長女:10歳前後
  • 次男:6歳

長男は、中学1年生くらいでしょうか。

育ち盛りの3人の子供がいて、若い女性とデートするのは考えられないので、真剣は奥さんなのかも。

でも、年収推定が4億越えの原泰久さんなので、もちろん養育費は払っているのではないでしょうか?

離婚した父親が小島瑠璃子さんと熱愛なんて聞いた子供たちは、複雑な心境では…。

原泰久は親ばか!

原さんはかなりの親ばかなようで、Twitterでも頻繁に子供のことをツイートしています!

子供たちのイベントに関心がある、優しいパパの印象を受けますね。

子供に「パパのような大人になりたい」なんて言われたら、可愛くってしょうがない♪

原さんは、かなり子煩悩なことがTwitterの投稿からもにじみ出ているので、離婚しても子供たちには会っているんじゃないでしょうか?

もし小島瑠璃子さんと結婚なんてことになったら、小島さんはいきなり3人の子供のママになるっていうことに…!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました