【名言集】『シンソウ坂上』GACKT「危機感なさすぎ」が正論すぎる!

芸能

「シンソウ坂上」にマレーシアから生出演したGACKTさんの発言が正論すぎて刺さる人が続出!

GACKTさんは「今の日本」について何を語ったんでしょうか?

更に今までのGACKTさんの名言を集めました!

是非最後まで読んでいただけたら嬉しいです♪

記事の内容

  • 「シンソウ坂上」出演のGACKTのコメントが正論すぎてヤバい
  • GACKTの名言集

【名言集】『シンソウ坂上』GACKTのコメントが正論すぎる!

4月9日に放送された「シンソウ坂上」にマレーシア・クアラルンプールから生出演したGACKTさんは、

坂上忍さんの「今の日本はどういう風に映ってる?」という質問に「言葉を選ばずに言っていいのであれば」と前置きしたうえで、自分の考えをぶっちゃけました。

GACKT「狂ってますよ、かなり。危機感が足りない

【GACKTの主張】

  • すでに世界にはNYやイタリアのように抑えが効かない(コロナが拡大する)国がたくさんある
  • このままいくと日本も100%じゃなくてもそう(コロナ感染拡大)なる
  • 日本大丈夫かと海外の仲間も連絡してくるほど

GACKT「実際受け入れが出来なくなってる医療機関が増えている。これは結局日本で楽観的に考えてる人は数字で見て判断しているからで、実際医療崩壊したらみんな助からない。

【GACKTの主張】

  • 日本は死に対する危機感が少ない
  • マレーシアの保証は月に日本円で10万円以下の労働者のみで、保証される金額は月に1万5千円程度。とても生活できるレベルじゃないが、マレーシア民はそれ以上に命に対する危機感を感じている。

GACKT「保証があるから家の中にいるっていう訳じゃない。みんな命を失いたくないっていう危機感から(家にいる)

【GACKTの主張】

  • 今の日本の方たちに(命の危機感を)分かってほしい
  • 医療崩壊したら自分の周りの大切な人がどんどんいなくなるっていうことを実感してほしい

GACKTさんは今の日本が新型コロナウイルスに対して危機感が薄すぎると訴えていました。

命に対する危機感や、周りの人たちに感染するかもしれない(自分がもう感染しているかもしれない)ということを考えて行動してほしいという主張。

このGACKTさんの発言で不要不急の外出をしようとしている人達の意識が変わるかもしれません。

そしてGACKTさんはこれまでにもたくさん私たちをうならせる名言を残してきました。

ここからはそんなGACKTさんの名言集を見ていきたいと思います!

【名言集】2⃣芸能人格付けチェック編「勉強すればできるんだってことを見せたいなって」

2016年1月1日放送の「芸能人格付けチェック」に出演したGACKTさんは、2009年から36連勝という素晴らしい成績でした!

しかし、一緒にチームを組んだ北山宏光さん(Kis-My-Ft2)と中山優馬さんのミスで39連勝で残念ながら連勝記録がストップしてしまうことに…。

しかし、その後のGACKTさんのTwitterのコメントが神なんです!

【名言1⃣】

Twitterのコメント「格付けで間違えた子を一切責めない姿に感動しました!」

GACKT「責めてなんになるんだ?そんな先輩イヤだろ?

先輩ってのはな、『その人みたいになりたいと思わせてくれる人、自分が困ったときに守ってくれる人、時には優しく怒ってくれる人』これが最低条件なんだよ。」

GACKTさんが誰も責めない姿勢は見習いたいですね。

また連勝記録が止まってしまってもポジティブな発言をツイート。

【名言2⃣】

Twitterのコメント「普通芸能人ショックでした😭」

GACKT「そうか?ボクはこれからの一年、自分の人生は上がるのみ!って考えるとワクワクしてたまらないけどな。

勝負に勝てなかったことをクヨクヨしないですでに次を見ているGACKTさんはカッコいいですね!

【名言3⃣】

Twitterのコメント「GACKTさんのせいじゃないですもん;;」

GACKT「そんなの誰のせいでも無いんだよ。一年間、更に高みに上がる楽しみが出来たんだから、それでいいじゃん?

GACKTさんの誰も責めず、常に高みを目指す姿勢を尊敬です。

またGACKTさんは「1ヶ月前から胃が痛くなる」というほど、「格付けチェック」出演にはプレッシャーがあるそうなんですが、それでも出演する理由がこちら。

【名言4⃣】

自分が知らないことでも、知らないからできないじゃなくて、勉強すればできるんだってことを見せたいなって

格付けにも勉強して、本気で向き合っていたことが分かりますね。

常に努力を惜しまない姿勢は見習いたいです!

【名言集】3⃣恋愛編「恋とは求めること、愛とは与えること」

GACKTさんの恋のアドバイスも特に女性は必見です♡

【名言1⃣】

Twitterのコメント「 最近考えるのですが、愛と恋との違いって何なのですかね?」

GACKT「恋とは求めること、愛とは与えること。オマエの想いと行動で相手に与えることが出来るようになって、それを幸せと感じれるようになったらそれが愛なんだよ。」

与えることによって幸せを感じたら、それは「愛」….。深いですね…。

【名言2⃣】

Twitterのコメント「先生に恋するのありだと思いますか?」

GACKT「ドンドン恋しろよ。恋に駄目なことなんて無いんだ。むしろ、恋することが出来ないことが罪なんだ。

「恋することが出来ないのが罪」という言葉をGACKTさんが言うと説得力がある気がします。

更に、日本でもよく言われる「女が男を立てる」という言葉に持論を述べています。

【名言3⃣】

男を立てるというのは男尊女卑でも何でもない。愛してる男に従うことのできる女性というのは、自分に絶対的な自信があるんだ。

『自分に自信を持っている女性は、そんな自分が愛した男性を自信をもって愛して寄り添うことが出来る』、

つまり相手を本気で愛するなら、自分に自信を持て!ということなのではないでしょうか。

【名言4⃣】

歌手とかアーティストの前に男じゃん。最低でも自分のそばにいる女の子や、大切にしている人を守れないのは、男という概念から外れている。

『自分のそばにいる女の子や、大切にしている人を守れないのは男じゃない』なんて、女性なら言われてみたいですよねー♡

【名言集】4⃣人生編「だから笑うんだ。どんな時でも。」

【名言1⃣】

ナンバーワンには興味ない。オンリーワンでい続けるだけ

オンリーワンでいるのって難しいですよね。しかし「い続ける」ということはすでに「オンリーワン」の自信があるのかな。

さすがGACKT様…!

【名言2⃣】

つらいと思っても、笑えてるってことはまだやれるってこと。だから笑うんだ。どんな時でも

この言葉、自分が落ち込んでたり辛い時に、かなり励まされるんじゃないでしょうか。

笑えば幸せが来そうな気がします。

【名言3⃣】

大変だったとしても、結果にたどり着いたときのことが見えていれば、どんなに素晴らしいだろうとか、どんなに感動するだろうとか、どんな自分になっているんだろう?って想像する

今が大変な状況だったり、挫折しそうな時も、それを乗り越えたら素晴らしいものが待ってると思えて励まされますね!

終わりに

「シンソウ坂上」に出演したGACKTさんは、現在の新型コロナウイルスに対する日本の行動に「危機感が足りない」と正論をぶちかましました。

この言葉が遊ぶために外出しようとしている人に届くと良いのですが。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました