【経歴】小寺智子は宝島社の編集者!田中みな実写真集も担当のヒットメーカー

芸能

「週刊文春」で石原さとみさんの写真集の印税未払いのため解雇されたと報道された小寺智子さん。

小寺さんはやり手の編集者のようですが、一体どんな経歴をお持ちなんでしょうか?

今回は編集者・小寺智子さんについてまとめていきたいと思います!

記事の内容

  • 小寺智子の経歴
  • 顔写真は?
  • 手掛けてきた作品
【文春】石原さとみ編集者Kは小寺智子!写真集印税トラブルで解雇
「週刊文春」が石原さとみさんに関するトラブルを起こした編集者Kが解雇処分になったと報じています。K氏は田中みな実さんの60万部の大ヒットとなった写真集「Sincerely yours...」の編集も担当したやり手な女性編集者。...

【経歴】編集者・小寺智子のプロフィール

  • 名前:小寺智子(こでら・ともこ)
  • 生年月日:1983年1月2日?
  • 年齢:37歳(2020年4月8日現在)
  • 出身地:北海道札幌市
  • 勤務先:宝島社
  • 職業:編集者

小寺さんは出版社・宝島社に務めている編集者。

鼻が高くて聡明な美人そうですね!

北海道札幌市出身ですが、その後ロンドンへ渡り現在は東京で活躍の幅を広げています。

小寺さん本人のものと思われるFACEBOOKによると、2005年にロンドンへ渡ったようですね。

2005年というと、小寺さんが22歳のころなので大学卒業後すぐに渡欧したのかな?

きっと英語も堪能なんでしょうねー♪

今まで手掛けた出版物

小寺智子さんが今まで携わってきた出版物の一部をご紹介します!

  • 山本美月:ファースト写真集「MIZUKI」
  • 上白石萌歌:1st写真集「まばたき」
  • 鈴木えみ:ファッションフォトブック「13」
  • 青山テルマ:「人生ブルドーザー」
  • 森絵梨佳:フォトブック「こんにちは、私。」
  • 山口真帆(元NGT48):1st写真集「山口真帆」
  • アンミカ:「アンミカのポジティブ美容事典」

ほとんどの日本国民が知っている女優さんやアーティストの出版物の担当編集者だったんですね!

そして2017年に発売された石原さとみさんの写真集「encourage(エンカレッジ)」も担当していたんです!

累計15万部以上も売り上げた石原さんの写真集は2019年には特別版を再度出版するなど超人気でした。

そして大人気の石原さとみさんの写真集をしのぐ勢いで売り上げて話題になったのが、田中みな実さんの写真集「Sincerely yours…」も小寺智子さんが担当編集者だったんです!

2019年末に発売され瞬く間に大人気になり、累計60万部を突破するという写真集!

小寺智子さんはそんな多くの人気作品に携わってきた敏腕編集者なんですね。

仕事への熱量がヤバい!

小寺智子さんはインスタグラムのフォロワー2万7千人越えの人気アカウントなんですが、それには理由があるんです。

小寺さんの生き方や、仕事に対する考え方に共感する人や励まされる人が多いからなんだとか。

インスタストーリーでもフォロワーからのコメントに丁寧に返信しています。

フォロワー「どうしたら自分のか考えや思いを熱量もって言語化できますか?

小寺智子さん「言語でも身振りでも絵文字でもなんでも良いから自分の気持ちを相手に伝えることを諦めないでほしい

自分の考えを言葉で表現するのが苦手というコメントに、「相手に伝えようという気持ちを大事にして」とアドバイスした小寺さん。

長文でとても丁寧に返信していて、フォロワーさんも嬉しいでしょうね♪

またちょっと冗談交じりのフォロワーさんからは「策士・小寺。こいつの仕掛け方半端ねえ」と言い方はきついですが、小寺さんのことをかなり尊敬しているよう。

小寺さんはこういうコメントにも「策士(笑)ありがとうございます」と返信しています。

そして小寺さんの知り合いのコンサルタントの人からも

こんなに売り方を考えて考えて考え抜いてくれる編集者いるんだろうかと思う

と小寺さんのことを尊敬しているコメントもありました。

小寺さんは本当に仕事に熱心で、売り方などベストな方法をいつも考えているようです。

田中みな実さんの写真集発売の時のイベントでは、みな実さんの隣でお客さんを迎えていました。

またみな実さんの写真集を発売するにあたって

  • 田中みな実が期間限定でインスタグラム開設
  • 全国各地で直接お渡し会を開催

など緻密な戦略を練っていたそうです。

実は田中みな実さんは始め写真集発売に後ろ向きで自信がなかったと語っています。

しかし、田中みな実さんの「写真集は絶対売れる!と」確信があった小寺さんは、以前から仕事を一緒にしていたアンミカさんにランチ会をセッティングしてもらったんだとか。

その後も小寺さんが「田中みな実さん表紙のananの売り上げデータ」などを持参して、2年かけて田中みな実さんを口説き落としたそう。

小寺さんはタレントさんからの信頼もあり、信念を持って熱量がある編集者なんですね!

「深イイ話」に出演したことも!

2020年3月9日の「深イイ話」では田中みな実さんの密着映像が放送されました。

その際、小寺智子さんも出演していたんです!

残念ながら「大人の事情で顔だしNG」だったんですが、今思えば「印税未払い」で宝島社と揉めていたからなのかな?と勘繰ってしまいます。

田中みな実さんの写真集にはかなり際どいセクシーショットもありますが、小寺さんが「どうしてもやりたい」と言って実現したようです。

「私の変態感がすごい(笑)」とも言っていましたが、小寺さんはどうすれば売れるかを考えて、購入者のニーズを満たしていったんですね。

「深イイ話」で顔が見れなかったのは残念ですが、今回の文春の報道だとクビになってしまったようですが、

宝島社は本当にこんなヒットメーカーを解雇してしまったんでしょうか?

終わりに

宝島社編集者の小寺智子さんについてまとめました。

小寺さんはベストセラー作品を多く生み出したヒットメーカーだったんですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました