【脱退理由】平手友梨奈は精神的限界だった?撮影ドタキャンしたことも!

芸能

欅坂46の絶対的センター絶対的・平手友梨奈さんの脱退が今話題ですね!

その理由とは何なんでしょうか。

噂では平手さんが精神的に限界だったのではないかと言われています。

撮影をドタキャンしたり、楽屋で号泣したこともあったんだとか!

【平手友梨・奈脱退理由】精神的に限界だったか?

みなさん欅坂46の不動のセンター・平手友梨奈さんの脱退の理由が気になりますよね!

一部では平手友梨奈さんは精神的に限界が来ていてグループに居続けられなくなり、「卒業」ではなく「脱退」という”非円満”な表現をしたのではないかと言われています。

過去に1人メンバー脱退を経験している純烈・リーダー酒井さんが平手友梨奈さんの脱退についてこう語っています。

「その裏側も何度も見てきた。何かやり残したこともあるけど、肉体的にも精神的にも精一杯だったところがあるんじゃないかなというのが、僕の個人的な感想です

Abematimes

番組で欅坂46と一緒になる機会があった酒井さんには何か見えていたのかもしれません。

【精神的限界か】① MV撮影ドタキャン

欅坂46は2019年2月に8枚目シングル「黒い羊」をリリースしています。

しかしそれ以降、フォーメーション選抜は決まっているにもかかわらず9枚目のシングルが発売されていないんです。

発売予定が6月→10月→12月と延期されていき結局いまだ発売されないまま。

9枚目シングルの曲はすでにレコーディング終わっていたそうなのですが、そのミュージックビデオ撮影に平手友梨奈さんが来なかったそうなんです!

当日になって平手さんは現場に来なかった。慌ててスタッフが連絡すると『行きたくない』と……。平手不在で撮影を進めるわけにもいかず、結局その日の撮影はバラシ(中止)になりました。

サイゾー

MV撮影をドタキャンした平手さんにメンバーも不満がたまり、運営側もフォローする人が誰一人いなかったんだそう。

「仕事」に「行きたくない」と言ってドタキャンしてしまうほど、精神的に参っていたのではないかと推測できますね。

実際、メンバーや運営が平手さんからこの件で距離を置き始め、平手さんはどんどん孤立してしまったんだとか。

でも欅坂は「平手一強状態」で平手友梨奈さん抜きでは何もできないのが現状!

8枚すべてでセンターを務める平手さんにそのプレッシャーが蓄積されていったのではないでしょうか。

404 NOT FOUND | ひーちゃんの好奇心

【精神的限界か】② ドラマ撮影ドタキャン

欅坂46メンバーが総出演する2016年7月から放送されたミステリードラマ、

徳山大五郎を誰が殺したか?」(テレビ東京系)でも平手さんがすでに精神的疲労がたまっているのでは?というようなエピソードが!

ドラマの撮影途中から平手さんの中で何かが崩れたように人が変わった。突然現場をドタキャンし、撮影が止まったこともありました。

サイゾー

2016年7月ということは4月に1枚目シングル「サイレントマジョリティー」を発売してすぐ。

この時の撮影が連日、朝から晩まで窓もない部屋での長時間撮影だったようで、

初のセンターシングルを発売したのも相まって精神的に参ってしまうのも分かりますね。

【精神的限界か】③ FNS歌謡祭の楽屋で号泣

2017年12月13日に生放送された「2017 FNS歌謡祭 第2夜」の平手友梨奈さんが楽屋で号泣してしまうということも!

事件は本番30分前に起こりました。平手さんが楽屋で待機しているときに突然泣き出したんです。そこにスタッフ含め関係者全員が集まり、事情を聞いてみると、『私、出演した方がいいですか? 今日出たくないです。笑ってパフォーマンスしたくないんです』と平手さんが言い出した。

サイゾー

突然号泣するなんてよっぽど精神的に追い詰められていたんでしょうか…。

このFNS歌謡祭では5枚目シングル「風に吹かれても」を披露した欅坂46。

これまでは「笑わないアイドル」といわれていた欅坂がこの曲で「笑顔解禁」するというコンセプトだったそう。

しかし本番直前平手さんが「笑わなきゃいけないなら出たくない」と号泣したため、全員笑わないようにスタッフから指示があったんだとか。

FNS歌謡祭 欅坂46 風に吹かれても

その時の映像を見ると平手さんの表情がほぼ「無」ですね。

土壇場で「笑顔なし」と言われたメンバーが笑わないようにしているのが分かりますね。

楽屋で突然泣き出すぐらいすでに精神が不安定だった平手さんは、

MV撮影をドタキャンしたことや、急遽音楽番組のパフォーマンスを変更させなければならなかったり、メンバーを振り回している事実も精神的負担になったのでは!

精神不安定になったきっかけは発煙筒事件?

平手友梨奈さんが精神的に参ってしまった原因が2017年6月24日に起こった「発煙筒事件」なのでは?という噂が。

2017年6月24日の夜、千葉市美浜区の幕張メッセで開かれた握手会で、札幌市白石区の無職・阿部凌平被告が発炎筒に点火して握手会を中断させた。阿部被告は果物ナイフも所持していた。被告は威力業務妨害と銃刀法違反の罪に問われ、千葉地裁は懲役2年、保護観察付き執行猶予3年の判決を言い渡した。

サイゾー

欅坂46の握手会で平手さんとメンバーの柿崎芽実さんのレーンに一人の男が発煙筒を投げ込んだんです!

刃物も持っていたらしく、逮捕されたときに女性アイドルの名前を挙げて、

かなり残酷でひどいことを言っていたんだそう。

警察はこの名前を挙げられた女性アイドルを明かしていませんが、平手さんのレーンにいたわけですから可能性は低くないですよね。

この事件が平手さんに大きな影を落としたのは間違いないんじゃないでしょうか。

これがきっかけで精神的に限界が来てしまったんなら、本当にひどく悲しいことですよね。

本当は脱退したくなかった?

平手さんは本当は欅坂46にいたかったのではないかとも噂されています

その発端は1月25日に投稿された同じ欅坂46のメンバー斎藤冬優花さんのブログ。

平手には、ここまで立ち続けてくれて、人生を捧げてくれて、伝えきれないくらいありがとう、という気持ちと、もっと色々なことに一緒に挑戦したかった、平手の頭の中にあったやりたいことを全て叶えたかった、という気持ちが心の中でパッカーンと2つに分かれています。ただ、そんなことが言えないくらい、感謝の気持ちでいっぱいで、私の人生において、こんなに素晴らしい経験ができたのも、素晴らしい景色が見れたのも、平手がたくさんたくさん考えて、欅に人生を捧げてくれたおかげです。本当にありがとう。いっぱい食べるんだぞ!

斎藤冬優花公式ブログ

もっと色々なことに一緒に挑戦したかった、平手の頭の中にあったやりたいことを全て叶えたかった」、つまり、平手さんにはまだ欅坂46のメンバーと一緒にやりたいことがあった。

でもそれが出来なくなってしまったと読み取ることも出来ますね。

もしかすると、平手友梨奈さんの意思はグループにまだいたかったけれど、上記の事件やプレッシャーで精神的に限界に追い込まれ、「脱退」を余儀なくされたのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

平手友梨奈さんが脱退する原因は精神的限界だったからなのか。

はたまた別の理由なのか気になりますよね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました