【平手友梨奈】なぜ脱退?グループでの孤立が原因か?

芸能

2020年1月23日に平手友梨奈さんが電撃脱退することが明らかになりました。

押しも押されぬ人気メンバーがなぜ急に脱退することになったのか、理由を調査しました!

スポンサーリンク
>

平手友梨奈はなぜ脱退するのか

1月23日のラジオFM TOKYO「SCHOOL OF LOCK!」で脱退報告をした欅坂46の平手友梨奈さん。

しかし「脱退理由につては今は話したくない」と脱退する理由は語られませんでした。

【動画】平手友梨奈がラジオで脱退報告!理由は「今は言いたくない」
2020年1月23日平手友梨奈さん(18)が人気女性アイドルグループ欅坂46を脱退することを電撃発表!センターを務めてきた人気メンバーなだけに衝撃が広がっています。ラジオで本人の口から脱退報告がされました!...

欅坂46の不動のエースだった平手さん。

その電撃脱退の理由は何なんでしょうか!

欅坂46のシングル全てでセンター!

平手友梨奈さんはメンバー最年少でありながら2016年4月に発売されたデビュー曲「サイレントマジョリティー」から8曲すべてのシングルでセンター!

最年少なのに常にセンターというプレッシャーは尋常じゃないですよね。

大人数女性グループなら誰しもがセンターになりたいでしょうし、多くのメンバーにライバル意識を持たれていたんじゃないかな。

センターを務め「平手一強体制」を作り上げる平手さん。

恐らく、会社の運営側も特別扱いをせざるを得なかったのでは?

グループで孤立した状態に

中心メンバーとして発言力が強くなりすぎた平手さん。

「欅坂46のイメージを誰よりも大切にしていた平手は、ある撮影現場でのセットや全体のイメージが自分が考えていたのと違ったため、『これでは欅坂46のイメージが壊れてしまう』などと訴え、一旦、流れてしまうことがあった。そこには他のメンバーも大勢いましたが、あっけにとられていましたよ。もちろんスタッフも頭を抱えていました。大人の言いなりになることが多い未成年アイドルのなかでは、前代未聞の行動です。そんな平手の強いこだわりを理解するメンバーがいる一方、乃木坂46のようなアイドルを目指していた者もいて、グループは一枚岩ではなかった」(広告代理店関係者)

東スポWEB

平手さんの強いこだわりで、撮影そのものがなくなってしまったこともあったようですね!

平手さんの脱退は半年ほど前からごく一部の関係者だけで内密に進められていたんだそう。

その結果12月発売予定だった東京ドームライブDVDの発売が脱退発表後の日付にせざるを得なかったんだとか。

更に9枚目のシングルも発売延期に!

最初の発売予定の6月→10月に延期になりました。

しかし10月にも発売されず、キャプテンの菅井友香が公式ブログで「年内に9枚目シングルのリリースが決まっています。」と書いたため12月発売となっていたよう。

しかし結局これまた公式ホームページで延期の発表。

どうやらこの延期延期の背景には平手さんの「完璧主義すぎる性格」があったよう。

実は一度、曲自体は録り終えていたのですが、
平手さんが何か気に食わなかったようで、首を横に振った。
そこから曲自体が変わり、録り直しをするという異例の事態になったそうです。
それで今回のリリース情報が遅れてしまっているのです

文春オンライン

良いパフォーマンスはとても大切ですが、発売延期になったり、撮影が流れたりすることが珍しくなかったのかな。

これではメンバーもファンも振り回されっぱなしですね。

こういったことが続き振り回された多くのメンバーがうんざりした状態だったそう。

正直、平手さんはグループ内で浮いた存在になってしまい、居場所がなくなっていた。運営サイドともうまくいかない場面が多くなり、相談相手も秋元康さんしかいなかった。孤立する一方だったのです。

週刊文春デジタル

最年少センターというだけで反感を買いそうなのに、発売を二転三転させられる状態じゃメンバーとの間に溝が出来るのも無理はないかも。

「今泉佑唯」いじめも孤立の引き金か?

週刊文春が2019年4月に報じた欅坂46の元メンバー「今泉佑唯」さんを、平手友梨奈さんを崇拝していたメンバー5人がいじめていた件。

「平手一興体制」という雰囲気がメンバーにも影響し、「平手さん以外のセンターは認めない」という状態になっていた欅坂46。

今泉さんは体調不良の平手さんの代打でセンターを務めたり、ファーストアルバムでソロ曲をもらったりと活躍していましたが、

それ故にいじめられ今泉さんは2018年に卒業。

他のメンバーも平手さんに関わりたくないと思ったのか、だんだん平手さんはグループで孤立していったそう。

平手さんはそんなグループ内の雰囲気や自分が浮いた存在であることに耐えられなくなり、「脱退」を決意したのかも!

若干18歳の平手さんが感じる孤独感やプレッシャーはきっと半端じゃないですよね。

「卒業ではなく脱退」は平手友梨奈の意思

平手友梨奈さん本人の希望で「卒業」ではなく「脱退」という表現になったんだそう。

公式ホームページで同様に欅坂46を抜けると発表された織田奈那(21)、鈴本美愉(22)は「卒業」という表現になっています。

「脱退」ってあまりポジティブな響きがしないですよね。

  • 「卒業」は正式に円満に活動を停止すること。
  • 「脱退」は不祥事やトラブルによって活動を停止すること

最上もがさんもこの「卒業と脱退」の違いについてツイート!

「続けたくても身体的にも精神的にも限界だったために、抜けざるを得ないという選択を自らしたので、どうしても卒業という表現ができなかった 」

平手友梨奈さんもまさにこの状態だったのかな。

居場所がなくなり他のメンバーとぎくしゃくすることに耐えられなくなったのかもしれないですね。

まとめ

いかがでしたか?

電撃発表された欅坂46の平手友梨奈さん脱退。

いつか本人の口から真実が語られるんでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました