宍戸錠の家は火事で全焼!放火が原因?

芸能

2020年1月21日に86歳で逝去された宍戸錠さん。

実は宍戸さんの自宅は火事で全焼していたんです!

今回は宍戸さんの家が全焼したことについてまとめました!

宍戸錠の家が全焼!

2014年2月4日に衝撃的なニュースが!

なんと世田谷区にある宍戸錠さん宅から出火しているというんです!

4日の6時過ぎに東京・世田谷区上祖師谷の住宅から火が出ているとの通報。

その住宅というのが宍戸錠さんの家を含む4棟に渡る大規模な火事だったようで、消防車など26台が出動!

火はおよそ2時間後に消し止められたようですが、宍戸さんの鉄骨3階建ての自宅が全焼してしまったんです。

宍戸さんの自宅は501平米の敷地に建っていて、土地だけでもなんと3億円!という豪邸だったんだそう!

2010年に奥さんの游子さんを亡くしてからはその豪邸に一人暮らしをしていました。

一人だと広すぎるくらいの立派な家だったんでしょうね。

当日は幸いにも宍戸さんは日活のパーティーのため外出していたそうで自宅には誰もいなかったんです。

そこは不幸中の幸いですかね…。

火事から2日たった宍戸さんの自宅の写真がこちら。

鉄筋の家がここまで燃えつくされているのを見るとすさまじい火の勢いだったのが分かりますね。

当時その火事を目撃した人も!

この火の燃えあがり方は恐怖ですね…!

宍戸さんは放火を主張!

宍戸さんは放火の可能性を強く主張!

当時宍戸さんはこういっています。

昨年の12月頃からかな、(家の敷地内を)
ときどき、誰かが歩いている気がするようになったんだ。今年に入ってからも2~3回あったかな。
懐中電灯を手に表に出るんだけど、
逃げ足が速いのか、出ると誰もいない。何度か出てみたが空振りばっか。
でも、狙ってるやつが絶対いるんだって思うようになった。

宍戸さんが言うには、普段は電気ストーブ2台で生活して、

出火当日も午後1時過ぎにマネージャーである娘の「しえ」さんと共に自宅に鍵がかかっていること、火の元を確認してから外出したんだそう。

これでは家の中の何かが原因で自然発火した可能性は低いのかも。

しかも外出中の火事だったためネットでも「放火なのでは?」という見方も!

しかし実況見分をした警察はオイルを撒かれたような痕跡も見当たらず、「放火」の可能性を否定。「原因不明」の出火となりました。

ショックと怒りで「絶対捕まえてやる!」と意気込んでいた宍戸さんでしたが、後日行った会見では

泥棒が入って火をつけたという感じがあったから、殺してやると思っていたけど、警察の話を聞いたら、やっぱり入ってないかなという気もしてね。結局、原因不明でいいやと思った。この件はこれで収めます

cinematoday

と最終的には納得したのか、明るく振舞っていたんだそう。

宍戸錠さんの「ほっぺた」も焼失

自宅が全焼してしまい、被害額は相当なものだったよう。

家がなくなったのは困る。あと、これからあまり高いもの買えないな

と語っていた宍戸錠さん。

それに加えて日活時代からのアルバムや衣装、奥さんとの思い出の品々も燃えてしまいました。

長年の相棒だったほっぺたに詰めていた物をホルマリン漬けにして大切にしまっていた瓶詰も燃えてしまったようで、落ち込みますよね…。

自宅が焼失した後は近くの家賃12万円の賃貸マンションで一人暮らしをしていたんだそう。

火事のあと出席したイベントでは

お見舞金がすごいんだよ。こんなにもらっていいのかってぐらい」とニヤリ。「クラウン2台ぐらいは買えます。値段はいくら?」と真顔で尋ねて笑わせた。

と冗談を飛ばすほどだったよう。

でも奥さんとの思い出の品や「ほっぺた」、長年住んできた家がなくなるのってめちゃくちゃ辛いですよね。

宍戸錠さんの「ほっぺた」についての記事はこちら♪

宍戸錠のほっぺは手術で膨らませていた!理由は悪役でスターになるため!

まとめ

いかがでしたか?

宍戸錠さんの自宅の火事についてまとめました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました