【思い出のマーニー】都市伝説を徹底解説!「太っちょ豚」発言の意味は?

映画

ジブリ映画「思い出のマーニー」に噂される都市伝説や謎の真実が気になりませんか?

そこで今回は主人公・杏奈の「太っちょ豚」発言や、不思議な少女・マーニーの本当の正体など、気になる謎について探りました!

▼記事の内容

  • 杏奈は何故「太っちょ豚」と言ったのか
  • 杏奈の目が青い謎
  • マーニーの正体は?
  • サイロで突然マーニーが姿を消したのは何故?
  • 「思い出のマーニー」は百合映画なの?

【思い出のマーニー】都市伝説と謎を徹底解説!

幼くして孤児になり心を閉ざした杏奈と不思議な少女マーニーが出会い、杏奈の成長を描く「思い出のマーニー」。

ジブリ映画といえば都市伝説!というくらい様々な謎が語られていますが、「思い出のマーニー」にも不思議な都市伝説が存在します。

それでは早速映画にささやかれる都市伝説や謎を辿っていきましょう!

【都市伝説・謎】解説1⃣杏奈はハーフ?

杏奈のそのきれいな青い目から「ハーフなの?」という謎が生まれました。

とってもきれいな青い目ですよね。

ちなみに他のジブリキャラクターは大抵黒い目をしています。

実は杏奈はクオーター(1/4)なんです!

祖母が白人で旦那さんが日本人なので、その孫の杏奈は1/4のクオーターとなり、目が青いわけですね。

「杏奈は何か目の病気なの?」という噂もありますが、そうではなく、血筋だったんですね。

【都市伝説・謎】解説2⃣信子に「太っちょ豚」と言った理由

杏奈が喘息の療養のために滞在する町で出会った女の子・信子。

信子の書いた「普通に暮らせますように」という短冊に関心を持ち、杏奈の青い目を「きれい」と言うのですが、

杏奈は「いい加減放っておいてよ、太っちょ豚」と何故か激キレ!

私が言われたら「ハァ?」ですが(笑)、

信子は杏奈の失礼極まりない発言をさらっと流し、聖人のような対応を見せますが、なぜ杏奈は突然「太っちょ豚」と言ったんでしょうか?

恐らく、心を閉ざしてしまった杏奈が疎外感を感じていたのではないでしょうか。

信子は都会から来た杏奈も面倒見よく接してくれますが、それが逆に杏奈に劣等感を感じさせたのかもしれません。

どこか信子の態度を上からに感じてしまい、杏奈の傷ついていた心が表に言葉として出てしまったのではないかと考えられます。

【都市伝説・謎】解説3⃣マーニーの正体は幽霊?

「思い出のマーニー」の重要な部分を占める少女・マーニー。

マーニーが幽霊なんじゃないか?と度々噂されますが、そう言われる理由は次のようなものがあります。

  • マーニーとの交流が終わると杏奈は意識を失い倒れて急な場面転換
  • 決まった時間にしか会えない
  • 普段人の気配がしない湿地のある屋敷に住んでいる
  • 「屋敷から離れることが出来ない」というマーニーの発言
  • ボートのオールが動かせなくなり、マーニーが現れる

この部分だけ読むと、マーニーって幽霊なんじゃ…?と思いますよね(笑)。

でも実はマーニーの正体は杏奈の祖母だったんです!

幼い頃杏奈は祖母を亡くしますが、回想の中で杏奈の祖母が杏奈に自分の思い出を語っています。

杏奈は成長するとともに、祖母の記憶が薄れていきますが、

療養地で祖母マーニーが住んでいた屋敷を見たことで無意識に祖母マーニーのことを思い出し、少女マーニーを創り出します。

そしてまた無意識に祖母マーニーが昔杏奈に語った思い出を、杏奈が追体験したのではないでしょうか。

追体験とは:他人の体験を、作品などを通してたどることによって、自分の体験としてとらえること。

コトバンク

おばあさんの思い出を孫が辿るのってどこかロマンがありますね。

【都市伝説・謎】解説4⃣マーニーがサイロで姿を消した理由

「思い出のマーニー」の不気味なシーンが丘の上のサイロ(飼料貯蔵庫跡)で突然マーニーが姿を消す場面。

「ホラー映画?」みたいな怖さも感じますが、前述したように杏奈は祖母マーニーの体験を追体験しています。

サイロで少女マーニーが消えたのは、杏奈が祖母マーニーからその時の出来事を聞いていなかったからと言えますね。

つまり、その先に起こることを知らないので追体験できなくなりマーニーが姿を消したと考えられます。

【都市伝説・謎】解説5⃣百合映画なの?

「思い出のマーニー」は度々「百合映画なの?」と言われます。

「百合」とは女性同士の同性愛のことを指します。

「思い出のマーニー」が百合映画だと言われるようになったのは、宣伝キャッチコピーの「あなたのことが大好き。」というワードがあったから。

ポスターには恋人繋ぎをしている杏奈とマーニーが描かれているので、余計に憶測が飛んだわけですね(笑)。

また物語中にも百合を思わせる描写もあります。

  • マーニーが杏奈を木の陰で抱きよせる
  • 手漕ぎボートで杏奈に背後から抱きつくようにしてボートを漕ぐ
  • 杏奈の悩みを聞いたマーニーは「あなたを愛しているわ」「今まで出会ったどの女の子よりもあなたが好き」と発言

マーニーのこんな行動に対して杏奈も顔を赤くしたりするので、初見では恋愛関係になるの?と思っちゃいそうですね。

しかし、マーニーは杏奈の祖母。

ということで、2人の間にあったのは恋愛感情ではなく家族愛だったということになりますね。

両親も祖母も亡くし、心を閉ざしてしまった杏奈に意識的か無意識か分かりませんが、愛情ある言葉や態度を示してくれていたんですね。

終わりに

「思い出のマーニー」の都市伝説や謎についてまとめました。

この謎の答えを知ってからもう一度映画を見るとまた違った見え方になるかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました